キムラヤブログ2 過去ブログは、「キムラヤブログ」で検索ください。

kimuraya2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 15日

伊太利亜から

b0246060_1128544.jpg
ノンナさんのイケてる商品入荷デス。
b0246060_1212355.jpg
年1回の伊国内でも珍しいポデーレ・イル・カッサーレ農場・カプリーノ灰熟成@1200~。

(カベルネで漬け込んだペコリーノも入荷したよ)
b0246060_11385767.jpg
割り当て品で、1個は食べちゃったので

あと2個。(グルマンの方ぜひ)
b0246060_1129884.jpg
右からレモンリキュール@2730→農薬に無縁のこのレモンの皮で作られた心地よい香りのおいしい“レモンドーロ”。8℃~10℃に冷やして、食後酒で。

ミルトリキュール@1360→地中海に自生する植物ミルトベリー(銀梅花)から作られるサルデーニャ島伝統の食後酒。

ワイン@2200~→イタリア・トスカーナ州ピエンサで、無農薬の大地を所有しているポデーレ・イル・カサーレ農場の赤・白4種。
b0246060_11361919.jpg
そしてナンシーお気に入りの

ジェノバで1780年創業(杉田玄白・解体新書の時代だ)

老舗砂糖菓子専門店。
b0246060_1136932.jpg
銅のお鍋で、砂糖、水、オレンジキュラソー、アニス、ローズシロップ、桃のリキュールをそれぞれ混ぜて、煮て、台の上に古い片栗粉を乗せ、古くからある木の型で溝を作り、シロップを流し入れる。その後、程よく固まった所で、グラッセし(濃い砂糖水にもう一度漬ける事)、さらにそれを1粒ずつ宝石の様に磨き上げる。色の数だけ味がある。@1680。

ドラジェは経験と技術を要する砂糖菓子。日本のこんぺいとうを思わせる様な古い丸い銅の容器に、6時間毎に砂糖水が注がれる。それを、職人の手により混ぜられる。これを1週間、つまり42回繰り返す。その事により、質の悪い物は省かれ、元々の素晴らしい素材の味と香りが封じ込められる。@1000。
[PR]

by kimurayasaketen2 | 2013-06-15 11:43


<< 来週は3連休だすぅ      英君 >>