キムラヤブログ2 過去ブログは、「キムラヤブログ」で検索ください。

kimuraya2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 24日

鹿児島県知事さんから御返事(対策)が届きました

b0246060_14433882.jpg
第三週がシルバーウィークだったので、ズラしましたー。
b0246060_14344032.jpg
旨宇摩麦蟻鱒。
b0246060_14395529.jpg
県政の推進に日頃から格別の御理解と御協力を賜り,厚くお礼申し上げます。
さて,このたびは「知事へのたより」をお寄せいただき,ありがとうございま
した。
 お寄せいただいた御意見について,下記のとおりお答えいたします。
  今後とも,県政に関する御意見,御提案をお寄せくださるようお願いいたしま
す。
なお,末尾にお問い合わせ窓口をお示ししておきますので,疑問点などござい
ましたらお問い合わせください。

  平成24年 9月24日

 木村 徹 様

鹿児島県知事 伊藤 祐一郎


「屋久島の縄文杉登山道の危険箇所について」の回答

 縄文杉に至る登山道の荒川登山口から小杉谷橋前までの区間は,登山者の安全
性と利便性を確保するため,国有林や山岳トイレ等の維持管理を行うトロッコが
通行する森林軌道の所有者である屋久島森林管理署と県が利用協定を結び,登山
道として利用しています。
 当区間の5つの橋のうち,荒川橋を除く4つの橋(愛子橋・太忠橋・大杉橋・
迎橋)には,現在,手摺が設置されておりません。
 森林軌道に手摺を設置する場合,トロッコの通行(幅1.6m)に余裕(幅0.2m)を持
たせて(幅1.8m)設置する必要がありますが,4つの橋(幅1.6m)については,その
余裕幅がなく,新たに手摺の基礎となる専用の枕木を設置しなければならないな
か,橋本体の補修も必要な時期を迎えています。
 このため,現在,森林管理署や国立公園を所管する環境省など関係機関と協議
を進めているところであり,手摺設置のための設計や関係機関との調整が整い次
第,手摺を設置することとしています。
 なお,踏板が2列しかない橋(愛子橋・太忠橋)については,安全性の向上の
ため,踏板を早急に3列に増やすこととしました。
 今後とも,登山者が安全に利用できる登山道となるよう努めてまいります。


                   (お問い合わせ窓口)
       観光課 観光地づくり係
                  電話 099-286-3010

********************
鹿児島県知事  伊藤 祐一郎
e-mail : g-tayori@po.pref.kagoshima.jp
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10番1号
********************
[PR]

by kimurayasaketen2 | 2012-09-24 14:45


<< ミドルイーストの人々      岐阜の銘醸 >>