2014年 10月 02日

キムラヤブログ2は、キムラヤブログ3に引っ越しました~

b0246060_15514211.jpg

ココをクリックすると、キムラヤブログ3に飛びまーす!
[PR]

# by kimurayasaketen2 | 2014-10-02 15:52
2014年 09月 30日

渡邊酒造場百周年大古酒

b0246060_1336710.jpg
三十三年物。

ご予約の方、お待たせしました。

(完売しました)
b0246060_13371488.jpg
御礼的限定品です。

いつも萬年をご愛飲いただき、本当にありがとうございます。
b0246060_13391284.jpg
読了。
b0246060_13393494.jpg
別れ。
b0246060_13403067.jpg
念願。
[PR]

# by kimurayasaketen2 | 2014-09-30 13:43
2014年 09月 28日

櫻井酒造

b0246060_177281.jpg
新着ワイトワイン

@1620
b0246060_1763291.jpg
垂水を後にして
b0246060_1793145.jpg
初めて桜島フェリーに乗って
b0246060_1795042.jpg
フェリーうどん(有名らしい)食べて
b0246060_17101378.jpg
鹿児島港から90分

吹上浜近く日置郡金峰町の
b0246060_1711088.jpg
櫻井さんを訪問。
b0246060_17112488.jpg
色々と教えてもらいました。
b0246060_17114462.jpg
「磨き、ホントすごいわよっ」

とナンシー。
b0246060_1713798.jpg
櫻井酒造といえば、「芋磨き」。
b0246060_1714729.jpg
「洗っても洗っても、ホラッここに泥が残るでしょ」
b0246060_1715088.jpg
この汚れた部分を手分けして削り取るワケ。
b0246060_1724952.jpg
「えー、一個一個ですかー?」
b0246060_1716845.jpg
そう、毎日仕込む2トン全部。

(フツーはこんな事しない。洗って蒸かして仕込むだけ)
b0246060_17163998.jpg
そうすると、芋はこんなに綺麗になる。

こんな磨き上げたような綺麗な芋で仕込むので
b0246060_17423560.jpg
雑味が無い

この美味い櫻井ができるってワケです。
b0246060_17172030.jpg
気が遠くなる作業なので、
(なるよね)

ここまでやってる蔵は、鹿児島でも櫻井さんトコだけらしいです。
(毎日だし)
b0246060_17181357.jpg
さらに、選果台で泥が残ってないか

チェックしながら
b0246060_1718553.jpg
コンベアで上に運んで
b0246060_17192054.jpg
蒸して粉砕して
b0246060_17275295.jpg
三角棚で麹を造って
b0246060_17202253.jpg
もろみを造る。
b0246060_1726899.jpg
んで、あっちにある
b0246060_17264522.jpg
常圧蒸留機で、蒸留して
b0246060_17271590.jpg
タンクで寝かせて
b0246060_17292792.jpg
ビン詰めして、出来上がり。
b0246060_17282477.jpg
ちなみに、ラベルも
b0246060_17301132.jpg
こうやって一枚一枚
b0246060_17303219.jpg
手で千切ってビンに手貼りします。

b0246060_17322748.jpg
つまり、全ての工程が手作業。

(愛情たっぷりだよね)
b0246060_17341237.jpg
お父さん、お母さん

本当に忙しい中、現場を隅々みせて頂いてありがとうございました。

見た事は、しっかり呑み手に伝えてゆきますねー。

(社長、髪型ナイスっ)
[PR]

# by kimurayasaketen2 | 2014-09-28 17:35
2014年 09月 26日

八千代伝酒造

b0246060_1461518.jpg
休日を利用して、鹿児島に行ってきました。
b0246060_1415653.jpg
蔵は、

垂水・猿ヶ城渓谷の中にあって
b0246060_1416579.jpg
昭和3年創業

一時休業していた蔵を
b0246060_14582630.jpg
三代目栄寿社長(右)が
b0246060_14261826.jpg
「現代の名工」を受賞された

「伝説の杜氏」吉行正巳さんを迎え入れ

(84歳で現役)
b0246060_14171056.jpg
10年前に「総かめ仕込み」蔵として復活。
b0246060_14244077.jpg
現在は、

四代目健太郎さんが専務として
b0246060_14253469.jpg
弟・大次郎さんが、

杜氏として活躍されてます。
b0246060_14403952.jpg
麹室

(野白式天窓ありますね)
b0246060_1448096.jpg
三角棚
b0246060_14484534.jpg
もろみ
b0246060_14485613.jpg
蒸留機
b0246060_14491379.jpg
貯蔵室
b0246060_14494257.jpg
長期貯蔵酒
b0246060_14225792.jpg
社長、健太郎さんっ

仕込み中にお邪魔してすんませんでした。

これからもよろしくお願い致しま~す!
b0246060_15184966.jpg
で、、、御土産に

ロック&お湯割りグラスを頂きました。

お買い上げの方に差し上げますねー。
[PR]

# by kimurayasaketen2 | 2014-09-26 14:06
2014年 09月 25日

北アルプス その4

b0246060_956336.jpg
優秀な酒造好適米「雄町」で仕込みました。

@1890
b0246060_1023160.jpg
ハイ、ネタを引っ張る北アルプス最終回です(笑)。
b0246060_103312.jpg
北に、燕岳・大天井岳
b0246060_1034862.jpg
東に、安曇野市
b0246060_1045587.jpg
南に、蝶ヶ岳・上高地
b0246060_1053891.jpg
西に、槍ヶ岳・穂高連峰
b0246060_10689.jpg
頂上は、8度。

下山は、ソフトシェルや
b0246060_1065553.jpg
ダウン着て丁度良かったです。
b0246060_1072965.jpg
40分で、テント場へ到着して
b0246060_1075390.jpg
晩ご飯。

コッヘル忘れたので、茨城から来てた山ガール2人組に借りた(謝)。
b0246060_1092756.jpg
就寝は、19時。

サーマレストにダウンハガー2番&3番とムック枕。
b0246060_10101273.jpg
5時、御来光は見えなかったケド

朝の槍・穂は、素晴らしかったデス。
b0246060_10111855.jpg
気温2度で、たまにアラレ。
b0246060_1011431.jpg
山荘ヘリも間近で見れましたが
b0246060_101295.jpg
降りて来た人は、ひとり。

「いやーヘリは速いなあー。槍から10分だったよー」

だそうで。
b0246060_10124965.jpg
雲海の中、下山開始。
b0246060_10145789.jpg
紅葉色づき始める。
b0246060_10153749.jpg
水場で補給。
b0246060_10162398.jpg
そして、危なかった谷。

この男性のあとの二人組とすれ違う時に
b0246060_10173292.jpg
滑落しそうになって、ヒヤリ。

なんちゃ無い所に危険は潜む。
b0246060_1019287.jpg
沢沿いから先は
b0246060_10203116.jpg
くじゅうと似てて
b0246060_10212156.jpg
安全なコースでした。
b0246060_10222058.jpg
庭園蕎麦「みさと」
b0246060_10262672.jpg
安曇野って、いいトコですね。
b0246060_10272814.jpg
そして、福岡で
b0246060_10275340.jpg
久々のアクアミネラーレ。

山に食に、満足な旅でありました。

あしたは、蔵訪問記~っ。
[PR]

# by kimurayasaketen2 | 2014-09-25 10:29